Public Release: 

癌細胞と、日光にさらされた細胞にみられる類似点

American Association for the Advancement of Science

このニュースリリースには、英語で提供されています。

研究者によれば、正常なヒト皮膚細胞は、強力な ポジティブ選択下にある 多くの 既知 の 癌プロモ ー ターを含む、驚くほど多数の獲得変異を持っている。これらの新しい知見は、いわゆるドライ バー変異(特定の皮膚癌細胞に蓄積することが知られている)が、正常な、日光にさらされた皮 膚細胞でも高頻度で生じていることを明らかにしている。これらは、非常に初期段階の癌発生に 関する洞察を提供し、正常な細胞を癌細胞へと形質転換させるイベントに関する重要な疑問を提 起している。 Iigo Martincorena らは、通常の美容整形手術時に 55 ~ 73 歳の患者 4 例のまぶたか ら採取した 余分 な皮膚について研究した。この皮膚から 234 個の小さい生検検体を採取し、その細胞のゲノムの配列決定を行い、様々なタイプの癌に関与している遺伝子の変異を探した。 Martincorena らは、紫外線への曝露に関連した変異のパターンを同定し、正常な皮膚細胞のこの ような変異の量が、多数の皮膚癌細胞よりも大きかったことを指摘した。 Martincorena らは次に、 健康な皮膚細胞のどの獲得(体細胞)変異が選択下にあるかを決定する方法を考案した。その結 果から、皮膚扁平上皮癌を引き起こすことが知られている多くの変異( NOTCH 遺伝子や P53 に 影響を与える変異など)が 、正常な皮膚細胞では既に強力なポジティブ選択下にあることが示唆 された。また Martincorena らは、全体的にみて、正常な、日光に曝露された皮膚細胞の 25 % 超が これらのドライバー変異を少なくとも 1 つ持っていること、そして、皮膚には、 遺伝子を 伝えよ うと競合している癌クローンが 1cm 2 あたり 数百個存在することを示唆している。 Douglas Brash は Perspective で、これらの知見を取り上げ てい る。

###

Article #14: "High burden and pervasive positive se lection of somatic mutations in normal human skin," by I. Martincorena; M. Gerstung; P. Ellis; P. Van Loo; S. McLaren; D.C. Wedge; A. Fullam; L.B. Alexandrov; J.M. Tubio; L. Stebbings; A. Menzies; S. Widaa; M.R. Stratton; P.J. Campbell at Wellcome Trust Sa nger Institute in Cambridge, UK; A. Roshan; P.H. Jones; P.J. Campbell at University of Cambridge in Cambridge, UK; P. Van Loo at Francis Crick Institute in London, UK; P. Van Loo at University of Leuven in Leuven, Belgium.

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.