Public Release: 

夜の眠りで深く根ざした考え方が変わる

American Association for the Advancement of Science

このニュースリリースには、英語で提供されています。

長年抱いてきた社会的偏見が睡眠中に軽減され得ることが新しい研究によって示された。この研究により、記憶は睡眠中に選択的に再活性化したり、強化したりできることを示した最近の研究にさらなる裏付けが得られた。睡眠は先に覚醒時に作られたニューロンの痕跡を活性化することによって記憶形成を促進することは分かっていた。この過程は先の学習に関連した刺激を睡眠中に与えることにより、実験的に促進させることができる。今回、Xiaoqing Huらはこれらの研究結果を拡大し、この方法は最近学習した情報に対して有効であるのみならず、子供時代に学習し、記憶に深く根ざした態度にも影響を及ぼすことを示した。人種や性に関する典型的な偏見を払拭することを目的とした一連のトレーニングで、様々な人種の女性と男性の写真を参加者に見せた。参加者らは人種と性別を相反する特性(たとえば、女性の顔と科学用語、黒人男性と「良い」という言葉)を結び付けられるよう学習した。それぞれの反偏見には特徴的な音を結び付けた。その後参加者らに90分の睡眠を取らせ、睡眠中に、刺激を与えて新たに学んだ結び付きを活性化させるために無作為に1つの音を割り当て、その音を繰り返し鳴らした。目覚めた直後と1週間後、睡眠中の再活性化というトレーニングにより潜在的な社会的偏見が優先的に軽減されたことを発見した(睡眠中に再活性化されなかった反偏見についてはそうではなかった)。社会変化にとってのこの研究の意義を考えると、この研究は、睡眠中の的を絞った記憶の再活性化に関する仕組みの完全な解明に向けて、未解明の問題を解決するための研究を促進させるに違いないとFeldとBornは述べている。

###

Article #14: "Unlearning implicit social biases during sleep," by X. Hu; J.W. Antony; J.D. Creery; I.M. Vargas; G.V. Bodenhausen; K.A. Paller at Northwestern University in Evanston, IL; X. Hu at University of Texas at Austin in Austin, TX; J.W. Antony at Princeton University in Princeton, NJ.

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.