Public Release: 

対麻痺患者 により 、 計画 された動き の裏側にあるニューロン活動が明らかに

American Association for the Advancement of Science

IMAGE

IMAGE: +bǥ}kyaybLj)h view more

Credit: ԩzw+С+-ʕ&!

このニュースリリースには、英語で提供されています。

対麻痺患者の脳内に埋め込まれた微小電極により、われわれの身体運動の基礎にあるニューロン の活動についてさらなる情報が得られつつある。これらの新しい知見は、 神経人工デバイスの 改 良に向けた重要な一 歩 を表すものであり、 実際の運動と想像上の運動の両方において後頭頂葉 ( PPC )が果たす決定的に重要な役割を示している。 Tyson Aflalo によれば、脳内のこの領域か ら発せられる信号 が 、 ついに 解読され 、 コンピュータのカーソルやロボットの手足 の 動 きをコン トロールする ために利用できる可能性があるという。 著者らは、 12 年前に首から下に麻痺をき たし、 2013 年に 2 つの微小電極アレイの埋め込みを受けた、 EGS として知られる患者の PPC に おけるニューロン の 活動を分析した。 Aflalo らは機能磁気共鳴 画像を用いて、 EGS が様々な種類 の四肢および眼の 動き を想像している間にニューロンのモニタリングを行った。 記録されたニューロンの活動に基づいて、著者らは、 EGS がどの四肢を 動か そうとしたのか だけでなく 、どこへ、 いつ、 どのような速度で動かそうとしたのかを予測することができた。 著者らまた、 EGS が異な る運動行為を想像することで、ニューロン集団の活動を変化させられることを観察した。この結 果は、サルとヒトの両方についてのこれまでの研究を踏まえたもので、 PPC が計画された活動の みならず、目標や意図といったより抽象的な概 念にも関与していることを示唆している。 Perspective では、 Andrew Pruszynski と Jrn Diedrichsen が これらの結果とその意義についてさらに 詳細に論じている。

###

Article #16: "Decoding motor imagery from the posterior parietal cortex of a tetraplegic human," by T. Aflalo; S. Kellis; C. Klaes; Y. Shi; K. Pejsa; R.A. And ersen at California Institute of Technology in Pasadena, CA; B. Lee; C. Heck; C. Liu at University of Southern California in Los Angeles, CA; K. Shanfield; S. Hayes - Jackson; M. Aisen at Rancho Los Amigos National Rehabilitation Center in Downey, CA.

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.