Public Release: 

熱耐性遺伝子がサンゴを救う可能性があることが研究で示唆された

American Association for the Advancement of Science

IMAGE

IMAGE: }}4ʹ]|޸o{}۾m9ӝnm}v߭~n6]Mvߞۍm]vu۝n:]6m5ۍ}^uۍ߯umvMv߽~n6]]vݵ~m]vnxn6]ݴ׽6㎴m~v]5~m]vn~mnۭvn~m]۽v... view more

Credit: k .ږ& "{-ۭzjy' "zw

このニュースリリースには、英語で提供されています。.

新しい研究によれば、珊瑚礁を形成するサンゴ、Acropora milleporaは、DNAを介して、熱耐性を次世代に伝えることができる。この発見は、一部のサンゴは「遺伝的救済(genetic rescue)として知られる進化プロセスを利用できること、そしてこのような種は、研究者が予想しているよりも容易に地球温暖化に適応できるかもしれないことを示唆している。Groves Dixonらは、オーストラリアの緯度が5度異なる2ヵ所(プリンセスシャーロット湾とオーフィアス島)のA. milleporaサンゴを交配した。そして、このサンゴの幼生を長期間かけて徐々に暖かい温度に曝露し、生き延びた個体の遺伝子を解析した。その結果、プリンセスシャーロット湾の 熱に耐性を示すサンゴは、熱耐性が低いオーフィアス島のサンゴの幼生よりも、熱に曝露しても生き延びる確率が10倍高い幼生を生み出すことが明らかになった。さらにDixonらは、プリンセスシャーロット湾由来のサンゴをオーフィアス島のサンゴと交配すると、熱耐性が子孫に受け継がれることを明らかにした。Dixonらは、遺伝性で熱耐性に関係があると考えられるサンゴの遺伝子発現の差異を同定した。Dixonらの知見は、緯度によって異なるサンゴの温度耐性が世代から世代ヘと伝えられること、そして、遠くまで広がったサンゴの集団が、異なる環境に単純に順化しただけではなかったことを示唆している。

###

Article #14: "Genomic determinants of coral heat tolerance across latitudes," by G.B. Dixon; S.W. Davies; G.A. Aglyamova; M.V. Matz at University of Texas at Austin in Austin, TX; E. Meyer at Oregon State University in Corvallis, OR; L.K. Bay at Australian Institute of Marine Science in Townsville, QLD, Australia.

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.