Public Release: 

ネパールのデータから巨大断層地震の性質が明らかに

American Association for the Advancement of Science

このニュースリリースには、英語で提供されています。

2015年4月25日、破壊的な地震がネパールを襲った。その際に初めて、近隣のGPSネットワークによって、大陸性巨大断層地震の発生中に、至近距離で、連続的な観測値が記録された。このデータから、巨大断層地震に関するこれまでにない見識が得られた。巨大断層地震とは、2つの構造プレートが収束して、一方が他方の下に押し込まれるときに発生するものである。こうした突然の激しい変化への理解を深めるべく、John Galetzkaらは、主ヒマラヤ断層(MHT)の真上にあるGPS観測局から得たデータと、レーダーで測定した地表変位とを分析した。2015年にネパールで発生した地震のデータには、パルス状の破壊(rupture)がはっきりと表れていた。破壊が起こったのはわずか6秒間で、合計で70秒間続いた地震からすると、ほんの一瞬である。測定結果から、滑りパルスは幅20キロメートルで起こり、破壊伝搬速度は非常に速い毎秒約3.2キロメートルだったことが明らかになった。滑りパルスがなめらかに始まったおかげで、一般住居を破壊しやすい振動数の揺れは抑えられたが、盆地全域に共振が生じ、高層の建物の倒壊を引き起こした。

###

Article #15: "Slip pulse and resonance of Kathmandu basin during the 2015 Mw 7.8 Gorkha earthquake, Nepal imaged with geodesy," by J. Galetzka; J.F. Genrich; S. Owen; J.-P. Avouac at California Institute of Technology in Pasadena, CA; D. Melgar at University of California, Berkeley in Berkeley, CA; J. Geng; E.O. Lindsey; X. Xu; Y. Bock at University of California, San Diego in La Jolla, CA; S. Owen; A. Moore at Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, CA; J.-P. Avouac at University of Cambridge in Cambridge, UK; L.B. Adhikari; P. Shrestha; B. Koirala; U. Gautam; M. Bhatterai; R. Gupta; T. Kandel; C. Timsina; S.N. Sapkota; S. Rajaure; N. Maharjan at Department of Mines and Geology in Kathmandu, Nepal; B.N. Upreti at Nepal Academy of Science and Technology (NAST) in Patan, Nepal; B. Pratt-Sitaula; W. Szeliga at Central Washington University in Ellensburg, WA; T.N. Bhattarai; B.P. Sitaula at Tribhuvan University in Kathmandu, Nepal; K.W. Hudnut at U.S. Geological Survey in Pasadena, CA; J. Galetzka; J. Normandeau; M. Fend at UNAVCO Inc. in Boulder, CO; M. Flouzat; L. Bollinger at French Alternative Energies and Atomic Energy Commission (CEA) in Arpajon, France.

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.