Public Release: 

Gugliottiらの論文に関する編集部の懸念の表明

American Association for the Advancement of Science

Science 2004年5月7日号オンライン版で発表されたLina A. Gugliottiらによる報告「六方晶パラジウムナノ粒子の合成におけるRNA媒介性金属-金属結合形成(RNA-Mediated Metal-Metal Bond Formation in the Synthesis of Hexagonal Palladium Nanoparticles)」では、複雑なRNAと水の混合物を用いたパラジウムの結晶の作成が報告された。今月、米国国立科学財団(NSF)の監査総監室によるこの研究に関する実施中の調査で、Gugliottiらが研究データを偽造していたことが決定づけられた。NSFは、Gugliottiらの行為が違法行為であるとは認定しなかったが、「研究行為から有意に逸脱していた」と結論づけた。Scienceは、NSFの最終裁定に対するGugliottiらの対応を理解するため、Gugliottiらに働きかけている。この議論の結果によって、Scienceは論文の撤回またはさらなる訂正を公表する予定である。それまでの間、Scienceはこの編集部の懸念の表明を発表し、本報告の知見の妥当性について重篤な懸念が生じていることを読者に警告する。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.