Public Release: 

ネアンデルタール人由来のDNAは現生人類の鬱病などに影響している可能性がある

American Association for the Advancement of Science

IMAGE?

IMAGE: UzޱrN kj֥ƛaޱrށ݊x-kzǧq5u텩`zw{azg ~'hZ*'[l.^jvq-$ɚjZޕ^^Ziyv)^o]^˞m Rr'qm(-^uZ#Rj'&Uz'+rsZW5rey.zحjSazz-ʘs*i٢۫y秚^xnjwMyzZʮ... view more

Credit: Uz^Ƨt*&qb{

ネアンデルタール人由来の遺伝子と現生人類の疾病状態の相互関係が判明した。皮膚、免疫系、鬱病、嗜癖、代謝作用に影響する遺伝子である。今回の研究結果により、ネアンデルタール人と解剖学的現生人類(AMH)との古代からの相互関係が、私たちの遺伝的遺産にどう影響し続けていたかが示された。これまでの研究で、AMHらはアフリカを出た時にネアンデルタール人と異種交配したことが示されている。より最近では、ネアンデルタール人の遺伝的変異体を持つヒトゲノムの一部も確認されている。しかし、1つにはネアンデルタール人由来のDNAは特定がかなり困難であること、また、個人へのその影響に関する調査費用の問題もあり、ネアンデルタール人由来の遺伝的変異体が現代人の形質にどう影響しているかについては完全には分かっていない。Corinne Simonitiらは今回、ネアンデルタール人の遺伝子群、ハプロタイプの最近のゲノム全地図と欧州系成人28,000人の健康記録を比較することで、ネアンデルタール人由来の対立遺伝子の根強い影響を実証した。最初に、現生人類の中の「信頼度の高い」ネアンデルタール人の遺伝的変異体(SNP)約135,000を特定した。次に、これらSNPとネアンデルタール人由来の対立遺伝子が影響したと考えられる症状の相互関係を調べた。その結果、ネアンデルタール人の対立遺伝子によって鬱病、心筋梗塞、血液疾患など12の形質のリスクが大部分は説明できることが判明した。ネアンデルタール人の一部の対立遺伝子は初期のAMHらがアフリカを出る時には有益であったが、その後、現代の西洋の環境では弊害となった可能性があるとSimonitiらは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.