Public Release: 

酸化促進薬が、関節炎を引き起こすT細胞の代謝異常を是正する可能性がある

American Association for the Advancement of Science

IMAGE?

IMAGE: jjw}:jjwׯ4jju۝jjuێxjju۝tjjuۏ5jju}jjw}:jjwׯ4jjvxjjw^ujjuvjjw}:jjwׯ4jjwӾjjv۽jjuۍjjvnjju~|jjuۍjju~jju~xjjuۍjjwn|jjvN=jjvwjjw]jjw^6jjvjjuujju~xjjuۍjjuotjjwӾ4jjw~tjjw۾jju~jjw}:jjwׯ4jju۝jjuێxjju۝tjjuۏ5jjvjjw۾jjwM5jjv뎽jju|Mm8o}ѩmM}婩ߞݩM:ᩩۍvѩn7ᩩۭv驩n6婩mݩm婩m婩mݩmѩmթn6mm6}Ʀ}F]Ʀnvn:ז~F}f}vƦ]Ʀm7֦}f]߆~tߦm<Ӗ]ﶦ]۶]V]f]Vn֦nV]V]떦]۶mx󶦧}Vn:ז]놦]熦]۶]... view more

Credit: T mj(-IȞǓ앫bv1br)ޖݴ

関節リウマチ患者のT細胞を悪者にする代謝異常が明らかになった。この知見は、活性酸素種(ROS)から保護する抗酸化薬ではなく、ROSを補充する酸化促進薬が、この代謝異常を是正し関節炎症を鎮める可能性があることを示唆している。関節リウマチは、過活動性のT細胞が関節破壊と炎症を引き起こす、よくみられる自己免疫性疾患である。Zhen Yangらは、この疾患の代謝的基礎に関する理解を深めるため、関節リウマチ患者のT細胞を解析し、このT細胞を、ヒト関節組織を移植したマウスにも注入した。Yangらは、糖代謝のアンバランスがT細胞を異常に増殖させ炎症を促進しうることを明らかにした。健康なT細胞のようにグルコースを分解してATPやエネルギーを作る代わりに、患者由来のT細胞は、グルコースを五炭糖リン酸回路に短絡したのである。五炭糖リン酸回路は、新しいT細胞の構成要素と、ROSの毒性を中和するNADPHと呼ばれる分子を作り出す。一部のROSは組織を損傷させる悪役であるが、細胞増殖と生存を制御する重要な役割も果たしている。NADPHは、ROS濃度を低下させることで、T細胞の還元ストレスを増やし、増殖と炎症誘発性T細胞への変換を促進した。さらに重要なことに、関節炎のマウスにROS誘導薬を投与すると、T細胞の酸化還元バランスが回復して関節炎症が減少した。George Tsokosによる関連したFocusで、ROSの補充がどのようにして関節リウマチ治療の抗炎症戦略となり得るのかについて議論する。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.