Public Release: 

メタン濃度上昇の停滞にまつわる謎の解明

American Association for the Advancement of Science

IMAGE?

IMAGE: NƧij[{ jwu^jvj'+x,עijh~^ZjY޷ ++ajwh-؞8bfzj׬jj^j{axƫruMz.z(-IȞǥ+!yNjo!r}ڴ֭ڔ+nY^٨^'zǚbg)ඉ{^jVurey.zحj@[-q'~&~,Wz[hn* zxajw+,wbq^u˩w캘-ym෉m˛ڮ... view more

Credit: Y^

産業化時代の幕開け以降、大気中のメタン濃度は着実に上昇してきたが、例外として、1999 年~2006年には不可解にも上昇が見られなかった。新しい研究により、この上昇停滞期は工業生産高が減少した結果であること、また、農業活動といった生物源の増加によってこの停滞期が終わったことが示された。メタンは強力な温室効果ガスで、メタン濃度が上昇すると大気の化学的構造、オゾン発生、水蒸気循環に影響が出る可能性がある。大気中のメタン濃度は産業革命以前と比較してほぼ3倍になっているが、1999年から2006年には濃度は横這いで、この理由は解明されていない。Hinrich Schaeferらは氷床コア、大気記録、世界各地の観測施設から収集した炭素同位体のデータを用いて、過去35年間にわたるメタン源の世界的状況を再現した。彼らはこのデータを使用して多数の様々なシミュレーションを実施し、この停滞期の始まりについて最も説得力のある説明は、化石燃料の使用による放熱といった放熱量の減少と、自然のメタン蓄積場所の容量が増加した可能性であることを発見した。上昇停滞期の終わりとメタン濃度上昇の再開については、生物源に原因があると考えられる。生物源は正確には確認できていないが、メタン源の分布を基に、農業が主な一因だと彼らは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.