Public Release: 

HIVと戦う免疫源に感受性のあるB細胞を多くの人が有している

American Association for the Advancement of Science

IMAGE?

IMAGE: Ej!z!juukqrدjךqj)칻qe+zW롧ew8{-S+&j׫kzVzhjzaj֩yاƫrר~[bԜz[ ibo $zz$bZاyRr^r'حעYZu%根0jbW-unv\zkjXx؛ܩ.+ǥ޽y)޵zا)z zz... view more

Credit: ' "zw-

HIVを標的とする免疫系の誘導に利用しうる比較的強力な免疫源が同定されている。また最近になって、免疫源を使ったB細胞の広域中和抗体(broadly neutralizing antibody:bnAb)産生の促進が有効なHIVワクチンの戦略になるかもしれないことを示唆するエビデンスも示されている。以前の研究で、Joseph JardineらはB細胞に結合してVRC01クラスbnAb(もっとも広くbnAbに強いクラス)を産生し、またそれらの生殖細胞系の前駆細胞である免疫源活用の可能性を示した。とはいえ、免疫源はヒトのナイーブB細胞に結合しうるのか?多様な人々がこの戦略が有効になるほど十分なナイーブB細胞を有しているか?という疑問は残っている。今回、Jardineらは免疫源のライブラリを解析し免疫源の効力を比較して、eOD-GT8という免疫源を同定した。これはナイーブB細胞との驚異的な結合親和性 ―― 以前同定した免疫源の2100倍を上回る ―― を示した。次に、eOD-GT8と相互作用しうるB細胞の保有率をよりよく理解するために、HIV検査が陰性の被験者15例に由来する数百万のB細胞を解析した。解析からは、ヒトの約96%がeOD-GT8と相互作用しうるB細胞を有することが示された。これはeOD-GT8が将来のワクチン治療に有望な候補であることを示唆している。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.