Public Release: 

巨大恐竜は小型の成獣として孵化する

American Association for the Advancement of Science

IMAGE?

IMAGE: jju۝jju۝:jjuۏview more

Credit: Xj

新たな恐竜化石の分析から、地球上に存在したことが知られるこれまでで最大の恐竜種は、成獣と同じプロポーションで誕生し、このため他の一部の恐竜種よりも比較的自立していたと考えられることが示唆される。非常に巨大なラペトサウルス(Rapetosaurus krausei)はいくつかの化石がこれまでに分析されているが、この種の孵化前後の状態に関してはほとんど知られていない。ラペトサウルスはティタノサウルスに属し、進化において最大の陸生脊椎動物で、体長が約15メートル(49フィート)にも達するが、これらの巨大恐竜も生まれたときは小さかったはずである。Kristina Curry-Rogersらによる新たな化石の分析から、このラペトサウルスの仔は生後39~77日に死亡(おそらく飢餓により)しており、孵化した時の体重はほぼ3.4 kgであることが示された。この短い生涯の終わりに、この個体は体重約40 kg、股関節部までの高さが35 cmの大きさに達していた。研究者らは、その成長パターンを明らかにするために骨の組織検査とX線CTを用いた。著者らによれば、その小柄な骨から考えて、この恐竜の四肢は生涯を通じてその形状がほぼ同じであったらしい。この特徴は、四肢のプロポーションが成獣では誕生時とは異なっている獣脚竜や鳥盤類といった他の恐竜群とは対照的である。エビデンスによれば、後者の場合には親による世話が重要であることが示唆されている。したがって著者らは、ラペトサウルスの仔は、他の恐竜種と比較して、生後の自立性が比較的高かった可能性があると提案している。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.