Public Release: 

鳥などのように止まり、再び飛行するバイオインスパイア―ド・ロボットが誕生

American Association for the Advancement of Science

鳥などのように様々な表面上に止まることのできる飛行ロボットが研究者らによって設計された。飛行ロボットは、自然災害に見舞われた被災地の監視や危険な化学物質の検出など、多くの貴重な目的のために使用することができるが、飛行という行為のためには大量のエネルギーが消費される。鳥などのように表面に止まることができれば、任務遂行の際のエネルギー消費量を劇的に削減するための手段が提供されることになる。鳥などのように止まることができるロボットを創り出すのに種々の選択肢があるが、これらすべての選択肢を小型ロボットに上手く適用することができるわけではない。例えば、粘着性のある化学物質を利用すると、ロボットの初期着陸が容易になるかもしれないが、ロボットが着陸地点から離脱して飛行を再開する必要がある場合、問題となる可能性がある。今回、Moritz Alexander Grauleらは、生物から得られた着想を発展させて、静電力によって鳥のように止まるバイオインスパイアード・ロボットを創り出した。この小型飛行ロボットの上部には、静電力によって着地するための装置が装着され、この装置によって静電荷が均等に分布される。この装置には、着陸時の衝撃を緩和するために発泡体が使用されており、ロボットが目標地点に着陸後に跳ね返されることはない。蜜蜂が着陸に使用する目視確認方法の影響を受けて、Grauleらのチームは、動きを追跡するためのカメラ装置を開発しており、ロボットが目標に向けて調整する際に、この装置が役立つ。一連の映像によると、ガラス、木、さらには天然の葉など、様々な表面上に鳥などのように止まって、その後再び飛行できるロボットの能力をこのチームは実証している。Mirko KovacによるPerspectiveでは、より詳細な情報が提供され、鳥などのように止まるための他の選択肢がさらに徹底的に調べられている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.