Public Release: 

一部の抗菌薬は移植患者で合併症を悪化させる可能性がある

American Association for the Advancement of Science

IMAGE?

IMAGE: jjvMjju7jjuxjjwӾ4jjw~tjju~jjuۍjjuo=jjw^8jjvνjjwNview more

Credit: U@.&[bԜy:ڞZ*'jSv' "m(-Mz

850例以上の移植患者とマウスのデータを評価した新たな研究によると、腸内細菌叢を攪乱する一部の広域スペクトル抗菌薬は、幹細胞移植による合併症のリスクを高める可能性があるという。この所見は、「善玉」細菌を温存する抗菌薬を選択することは、移植片対宿主病(GVHD)に対する保護作用を助ける可能性がある。GVHDは、移植されたドナー細胞が新たに移植された環境を異物として認識し、レシピエントの体を攻撃する場合に発症する。移植患者は、生命に関わる細菌感染症にかかり易くなっており、広域スペクトル抗菌薬の投与を受けることが多い。抗菌薬投与がGVHDに及ぼす影響について理解を深めるため、Yusuke Shonoらは同種幹細胞移植患者857例の臨床記録を精査した。一部の広域スペクトル抗菌薬の投与は、活性がより制限された抗菌薬と比べて、GVHDによる死亡のリスクを高めることが分かった。一部の患者の便サンプルの分析により、広域スペクトル抗菌薬は腸内細菌叢を攪乱し、保護作用を持つある種の細菌を殺滅することが明らかになった。マウスに対して幹細胞移植後に様々な抗菌薬レジメンを行ったところ、広域スペクトル抗菌薬を投与されたマウスはより重度のGVHDを発症した。広域スペクトル抗菌薬は、結腸において保護作用を持つ粘膜層を障害することが知られる細菌の成長を促進し、腸のバリア機能を損なうようである。今回の所見は今後の臨床試験で確認する必要があるとしても、GVHDのリスクを有する移植患者に対して広域スペクトル抗菌薬を使用しないよう注意を促すものである。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.