Public Release: 

古代のオオカミは2ヵ所で家畜化され人間と友達になった

American Association for the Advancement of Science

新たな研究で示された古代のイヌのゲノムにより、統計学的研究と人間の最良の友達の家畜化について明らかになった。どのような経緯でオオカミが今日の私たちの友達であるイヌになったかは、進化の回数およびその地域の点で議論が交わされてきた。一部の遺伝学研究でイヌの家畜化はおそらく1回だけだったという結論が出ているが、家畜化された地域がヨーロッパか、中央アジアか、東アジアかについては科学界で意見が一致していない。では人間にとって最良の友達であるイヌの起源はいつ、どこか。Laurent Frantzは解明を進めるべく、14,000~3,000年前に生息していた古代ヨーロッパのイヌの59のミトコンドリアDNA配列と約4,800年前に生息していた古代ニューグランジ(アイルランド)のイヌの全ゲノムを解析し、これらの遺伝子データを何百もの現代の犬種の全ゲノム配列と比較した。その結果、ヨーロッパと東アジアにイヌが初めて出現してから数千年後に、現代の東アジアと西ユーラシアのイヌに分かれる大きな分岐が起きたことが判明した。Frantzらは、ユーラシアのイヌは単一起源で早い段階でヨーロッパに入ったという可能性は残したまま、これら2つの地域に挟まれた中央アジアにはイヌの考古学的証拠がないことに注目し、イヌが2ヵ所、西ユーラシアと東アジアのそれぞれで進化したと考えられると述べている。グリーンランドのそり犬であるシベリアンハスキーといった一部の犬種は西ユーラシアと東アジアのイヌの系統の両者を合わせた祖先を持っていると考えられる。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.