Public Release: 

FBIは21世紀に対応した捜査技術を開発すべきである

American Association for the Advancement of Science

Susan Landauは今週のPolicy Forumのなかで、米国連邦捜査局(FBI)が最近Apple社に対してiPhoneにアクセスするソフトウェアの開発を要請して、FBI独自の開発技術でこの問題に対処しなかったことに注目し、FBIは時代遅れの方法に頼るのでなく、最新の技術力を開発すべきだと主張している。Landauによると、もしApple社が介入していたならば、iPhoneの暗号化によるセキュリティが弱まり、最終的には「1軒どころか、何百万軒もの家を開ける鍵」を提供しかねなかったという。こうした鍵はその後「無法者」に勝手に使われて、さまざまなレベルで長期的に大きなセキュリティ問題を起こす可能性がある。FBIとApple社の法廷闘争において、FBIはApple社にiPhoneの保護解除を求める必要などなく、情報にアクセスする別の方法を探すことができた、とLandauは主張している。今後はこうしたことができるように、最新の通信技術やコンピュータ科学を技術的に深く理解している局員からなる捜査センターを設置するなど、FBIのツールと能力を大幅に改善するよう、彼女は勧めている。これには政府の投資が必要になるが、別の選択肢(「無法者にシステムへのアクセスを許すこと」)は容認できない、と彼女は主張している。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.