Public Release: 

西之島周辺にて「離島火山モニタリングシステム」の試験運用に成功

―防災・減災に貢献する新システム、実用化に向け加速―

Kobe University

IMAGE

IMAGE: 投入後のウェーブグライダーと西之島 view more

Credit: Kobe University

神戸大学大学院理学研究科、東京大学地震研究所、海洋研究開発機構の研究チーム(※1)は、本年10月に実施されたKS-16-16 航海(※2)において、2013年11月の噴火後2年以上にわたって噴火を続けた西之島周辺海域に、新しく開発された離島火山モニタリングシステムを投入し、試験運用を実施しました。

本システムは、波の力だけで自律的に海面を運航することができるウェーブグライダーを用いて、火山監視のために必要な画像撮影用カメラ、水中及び空中での音波測定による地震・空振観測、火山の山体の崩落等による津波発生を検知するGPS波浪計を装備しており、これらの装置が本システムの西之島周辺の運航中に正常に稼働することが確かめられました。

また、リアルタイムモニタリングのために、地震・空振計及び波浪計の測定データを西之島から1000km以上はなれた陸のサーバーに、衛星通信により継続的に伝送することに成功しました。

今回の試験運用によって、離島火山モニタリングシステムの開発段階がほぼ終了したため、今後は日本に多くある離島火山のモニタリングに向けて、実用的な運用のための準備を開始する計画です。

###

詳細http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/research/2016_11_22_01.html

(※1)杉岡裕子(神戸大学大学院理学研究科)、市原美恵・西田究・馬場聖至(東京大学地震研究所)、浜野洋三・多田訓子(海洋研究開発機構)

(※2)KS16-16 航海:主席研究者:武尾 実 東京大学地震研究所教授、使用船舶:東北海洋生態系調査研究船「新青丸」、期間:平成28年10月16日~10月25日

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.