Public Release: 

ノルアドレナリン により視機能 が向上する

適度な緊張がスポーツパフォーマンスを向上させる 仕組みの解明に 向けて

Osaka University

IMAGE

IMAGE: Endogenously-released noradrenaline improves visual detectability via β adrenergic receptor, and thereby animal is able to discern the difficult-to-find object (grating stimulus in the present study). view more

Credit: Osaka University

大阪大学の水山 遼 大学院生( 大学院生命機能研究科)と七五三木 聡 准教授 (医学系研究科/生命機能研究科)らの研究チームは、自然な条件下での認知行動時に、脳内分泌されるノルアドレナリンが、β受容体の活性化を介して明暗のわずかな差からモノを見分ける視機能 (コントラス感度) を高めていることを世界で初めて動物実験により実証しまた。

私たちの脳には置かれた状況に応じて脳状態を調節して、生存に有利な行動を発現させる役割を担う神経修飾物質として、ノルアドレナリンがあります。これまで、ノルアドレナリンによって、緊急時の"闘争か逃走”かの行動選択に適した脳状態に調節されることが知られていますが、それ以外の脳機能への役割は良く分かっていませんでした。

本研究では、ラットに3種類のノルアドレナリン受容体(α 1、α 2、β受容体)の阻害薬を投与し、視機能への影響を検討したところ、明暗のわずかな差からモノを見分ける視機能がβ阻害剤によってのみ低下することを明らかにしました。

 これにより、ノルアドレナリンが感覚情報処理の最適化にも関与し、生存あるいはスポーツパフォーマンスなどに有利な働き方をしている可能性を強く示唆され、そのメカニズムの解明につながることが期待できます。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.