Public Release: 

どのようにして腸管炎症が有害な細菌の進化を後押しするか

American Association for the Advancement of Science

マウスを用いた新たな研究により、腸管内の炎症は細菌ウイルスが他の細菌株へと拡散するのを助け、その増殖を促進することが明らかにされた。この結果から、炎症を抑制するワクチンを用いることが、ある種の感染症の治療に有用となる可能性が示唆される。細菌に対する病原体であるバクテリオファージウィルスは、毒性や抗菌薬耐性遺伝子のベクターとしても働き、これにより細菌感染症を重症化させる。この現象に関するさらなる洞察を得るため、Médéric DiardらはバクテリオファージであるSopEΦを感染させたサルモネラ株をマウスに感染させた。サルモネラへの反応として生じた炎症は、この病原体自体にストレスを与え、引き起こされたダメージはウイルス複製を促進し、次いで細菌の細胞壁の破裂とバクテリオファージの放出をもたらした。さらにバクテリオファージは他のサルモネラ細胞に感染でき、おそらくそれによって新たな毒性や耐性遺伝子を拡散することにもなる。生きたマウスでは、炎症を抑制するワクチンの投与によりSopEΦが介在する遺伝子伝播が低減し、最長3日にわたり細菌感染からマウスを防御した、と著者らは報告している。感染症を治療するために炎症を標的とすることは遺伝子伝播と病原体の進化を抑制するため、細菌の進化を促進して最終的に抗菌薬耐性をもたらす抗菌薬療法に優る利点がある、と著者らは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.