Public Release: 

適応度に対する突然変異によるより高い負荷の影響を選別

American Association for the Advancement of Science

結果的に遺伝子機能の損失に繋がる突然変異を動物が徐々に獲得すると、これらの動物の相対適応度の低下がより一層進む可能性が高いことが、ヒトとミバエの研究で示された。今回の結果は、性と遺伝的組換えが有利に働く理由を解明するために役立つものである。エピスタシスとは、1つの遺伝子の影響が1つ以上の他の遺伝子に依存する現象のことである。エピスタシスが機能していない場合、個々の突然変異に対して独立した遺伝的選択が起こり、追加的な突然変異がそれぞれ同様の相対適応度の低下を引き起こす可能性がある。一方で、有害な突然変異間に相乗的なエピスタシスが作用すると、追加的な突然変異が大幅な相対適応度の低下を引き起こす可能性がある。以上を理解した上でも、突然変異による負荷や適応度の水準を測定することは困難であるため、結果的に相対適応度の大幅な低下を引き起こすプロセスに関して確定的な結論を得ることは難しいとされてきた。 今回Mashaal Sohailと共同研究者らは、ヨーロッパの3つのプロジェクトで得られたヒトの全遺伝子情報ともう1つのプロジェクトで得られたザンビアのミバエの遺伝子情報を解析した。 今回の研究では、同義突然変異、ミスセンス突然変異、及び機能喪失型突然変異をコード化する稀な遺伝子群に注目することで突然変異による負荷を推定し、これらの突然変異を各生物種の「必須」遺伝子と比較した。両方の遺伝子における機能喪失型突然変異の分散から、ヒトとハエにおける選択は確かに相乗的である(すなわち、突然変異が1つ追加されると、個々の生物の相対適応度の低下が増大する)、と著者らは結論付けている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.