Public Release: 

癌を殺傷するウイルスを増強する

American Association for the Advancement of Science

腫瘍を標的としたウイルスを助け、健康な細胞を温存しながら肝癌を効率的に殺傷できるようにする化合物が発見された。これはいつの日か、ヒトに対する実行可能な治療法へと応用されると考えられる。癌細胞を選択的に殺傷するウイルス(腫瘍溶解性ウイルスと呼ばれる)は、非臨床試験では有望であったにも関わらず、今までのところ、残念ながらヒトを対象とした試験では治療有効性が限られている。腫瘍溶解性ウイルスM1の抗腫瘍効果を増強する方法を求めて、Haipeng Zhangらは、350個の低分子をスクリーニングし、ウイルスによる肝細胞癌(HCC)培養細胞の殺傷を促進する化合物を特定した。HCCは、男性の癌関連死の2番目に多い原因であり、世界で年間700,000を超える命を奪っている。M1は、主にウマの軽度の疾患を引き起こす蚊媒介病原体であるが、癌はもともと抗ウイルス防御が欠如していることから、HCC細胞を選択的に殺傷できる。M1とイイヤレスタチンI(タンパク質VCPの阻害薬、悪性腫瘍の原因と関連づけられている)を組み合わせると、培養している6系統のHCC細胞に対する腫瘍溶解性ウイルスの効力が3,600倍も増加した。一方、この併用レジメンは癌細胞以外の細胞には影響がなかった。HCCの複数のマウスモデル(免疫不全でない動物も含む)で、M1+イイヤレスタチンIは、単独療法と比較して腫瘍を縮小させ、生存期間を延長させた。Zhangらはさらに、この併用療法が非ヒト霊長類に対して安全であり忍容性が良好であることも示した。Zhangらによれば、VCP高発現(不良な臨床転帰と関連している)に基づいて、腫瘍溶解性ウイルス併用療法によって最も大きな利益が得られる患者に照準を合わせることができる。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.