Public Release: 

リン化合物を作る有害性の低い方法

American Association for the Advancement of Science

リン化合物を作る有害性の低い方法 A Less Hazardous Means to Create Phosphorus Compounds 今回確認された前駆物質は、リンを幅広い有用な化合物に変換するのを助ける一方で、従来そうした反応に必須だった有害な中間物質を必要としない。リン含有化学物質は、除草剤や難燃剤、触媒配位子、電池電解液、調合薬、洗剤といった数多くの人工物質にたくさん含まれている。しかし、たいていのリン含有化学物質(肥料を除く)の生産では、大量のエネルギーを使ってリン酸塩から白リンへ還元し、その後に塩素を使用する方法に頼っている。この2つの物質は化学戦で使用されてきた非常に有害なものである。今回、Michael B. GeesonとChristopher Cumminsは、こうした有害な中間生成物を使用せずにリン化合物を作る方法を見出した。彼らは、リン酸塩の一種からリン化物アニオンに還元すると、満足のいく前駆物質になるのではないかと推測した。そして実際に、新たに発見したビス(トリクロロシリル)リン化物アニオンが、さまざまな反応においてうまく機能することを見出した。例を挙げると、ビス(トリクロロシリル)リン化物アニオンを使用して、高血圧治療薬の一種に用いられているリン含有化合物を作った。さらに、ビス(トリクロロシリル)リン化物アニオンを使用して、リチウムイオン電池の電解液として用いられているフッ素結合含有物質も作った。これらの結果から、新たに発見したアニオンは多種多様なリン含有化合物の生産に使用できることが示唆された。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.