Public Release: 

合成した膜タンパク質に対する薬物副作用を測るバイオチップ

個別化医療を指向した薬物の選別が加速

Tohoku University

IMAGE

IMAGE: 半導体チップに形成された脂質二分子膜に無細胞合成チャネルが埋め込まれた様子 view more 

Credit: Ayumi Hirano-Iwata

東北大学電気通信研究所(兼材料科学高等研究所)の平野愛弓教授、同大学電気通信研究所の但木大介助教、東北福祉大学感性福祉研究所の庭野道夫教授、埼玉大学理工学研究科の戸澤譲教授などからなる研究チームは、半導体微細加工技術と、細胞を使わずに膜タンパク質を合成する無細胞合成技術とを融合することにより、ヒトの心筋に存在するhERGチャネルと呼ばれる膜タンパク質の薬物感受性を記録することに成功しました。hERGチャネルは、その遺伝子型と薬物副作用との関連性が示唆される膜タンパク質であり、今後は、個別化医療を指向して薬物を選別していく研究が加速すると期待されます。

本成果は、2017年12月18日に、「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」のオンライン版に掲載されました。なお、本研究は、JST-CRESTおよび科研費基盤研究(B)の助成を受けて行われたものです。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.