Public Release: 

骨融解症候群の発症分子メカニズムを解明

骨粗鬆症治療への応用に期待

Tohoku University

IMAGE

IMAGE: A computed tomography image shows more bone breakdown in the femur of a mouse with Fbw7 gene knocked out similar to people with Hadju-Cheney syndrome (right) compared to control mice... view more 

Credit: Hidefumi Fukushima

・Hajdu-Cheney 症候群の原因遺伝子であるNOTCH2の疾患変異体は、ユビキチン化と呼ばれる翻訳後修飾に依存的なタンパク質分解から免れていることが明らかになりました。

・Hajdu-Cheney 症候群患者の破骨細胞のもととなる末梢血細胞で、骨形成過程における骨の破壊(骨吸収)に重要なNOTCH2タンパク質が異常に蓄積していることを発見しました。

・NOTCH2 の分解を抑制するマウスを作製して解析を行ったところ、 Hajdu-Cheney 症候群を模倣した骨粗鬆症様の表現型が観察されました。さらに、本マウスに NOTCH2 の働きを阻害する薬剤を投与したところ、マウス骨密度の回復が認められました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.