Public Release: 

科学そのものを詳細に「科学」することで得られた洞察

American Association for the Advancement of Science

理論、データおよび知識は蓄積され続けており、多くの科学領域において洗練の度を加えている。しかし、我々は科学そのものについて何を知っているだろうか?本レビューでSanto Fortunatoらは「科学の科学」を理解する取り組みに焦点を当て、「科学の科学」から得られる洞察は、知識とより良い社会の追求を最適化するために用い得ると考えられる。しばしば科学者は、自らの領域内の研究を着実にこなすこと、自らの専門領域内で多くの研究を発表することで生産的と見なされるかもしれない。しかしこの著者らは、焦点を絞った研究課題は、研究者らにとって、その領域の知識を増大させるために必要な新しいアイデアを発展させる機会を感じ取り掴み取る能力を制限する可能性があると指摘する。しかし実は、研究の新たな道を模索する大胆な研究者には、大きな利益が得られる可能性がある。発表物および発明の分析から、科学的な発見および発明の稀な組み合わせは、引用率がより高くなる傾向が一貫して示されている。財源は、疾患の負担を反映するように、また先を見越してリスクのあるプロジェクトを後援するために再配分できるであろう、と著者らは示唆している。特記すべきこととして、早期の失敗に対応でき、長期の成功に報いるような財源拠出のプログラムは、レビューサイクルが短くなりがちな補助金よりも、インパクトの高い論文を生み出す可能性が高い。また著者らは、いかに共同研究が有益となり得るかを強調しており、チームの方が単独著者よりも、熟知した知識領域に新しい内容をもたらす可能性が38%高くなると指摘している。Fortunatoらは「科学の科学」のその他のテーマとして、チームの規模、科学者のキャリア・ダイナミクス、共著者のクレジットなども取り上げている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.