Public Release: 

脳内の色情報計算に関する新しいモデルを提案

色の見え方をシミュレーションする計算モデル

Tohoku University

IMAGE

IMAGE: Simulation of individual differences in the appearance of #theDress image, including two extremes: white/gold (top left: A-1) and blue/black (bottom right: G-7). Original corresponds to the center (D-4).... view more 

Credit: Ichiro Kuriki

照明光の色が変わると、色の見え方が少し変わります。この変化をシミュレーションする計算モデルは、国際照明委員会の計算モデル(CIE CAM02)をはじめ、複数が提案されています。また、「白/金」または「青/黒」に色の見え方が個人によって異なることで評判になった「ドレス」画像(#theDress)は、照明光の色と強さの仮定が個人毎に異なる事によって生じたことが研究により指摘されています。

東北大学電気通信研究所の栗木一郎准教授は、従来の計算モデルでは(1)白色に見える光(白色点)の変化に関する式が複雑である点と(2)照明光の強度低下を模擬すると色の鮮やかさが失われる点の問題について、より簡便な方法での解決を提案しました。

加えて、「ドレス(#theDress)」で指摘された、「白/金」「青/黒」の見え方も人によって若干異なることを、今回提案した計算モデルを用い、個人間における「ドレス」画像の見え方の多様性を画像として模擬することに成功しました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.