Public Release: 

人口政策によって将来の気候への影響を軽減することができるか

American Association for the Advancement of Science

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によるものを含め、気候変動に関する評価から人口問題が取り残されているように思われる。本Policy Forumでは、John BongaartsおよびBrian O’Neilがその理由のいくつかに焦点を当てるとともに、我々が急速に増加する世界人口を気候政策の文脈において取り扱うことが非常に重要である理由についても考察している。BongaartsおよびO’Neilによると、人口政策に関するいくつかの誤解から結果として人口政策が無視されている可能性がある。これらの誤解の中には、人口政策は人口増加を抑制するのに効果的ではないとの感情論がある。しかしながら、家族計画プログラムは自発的で文化的に影響を受けやすいため、特に、家族計画のためのリソースをほとんどまたはまったく利用できない地域において、毎年世界中で約8,500万の意図せぬ妊娠を減らすことにおいて顕著な役割を果たし得ると、著者らは家族計画に関する2014年の調査に基づき主張している。著者らによると、人口問題に関するその他の誤解として、大いに議論されていないままのものとしては、人口政策があまりにも物議を醸すということがある。気候変動そのものと同様に、家族計画によって宗教集団、政治集団および社会集団から大きな批判が引き起こされ、このことが恐らく、気候変動コミュニティが家族計画に焦点を当てることを避けてきた理由である。将来のIPCCの評価には人口に関する情報が含まれるべきであり、リプロダクティブヘルスおよび人口に関する政策分野に従事しているより多くの社会科学者らを関連する議論に参加させることによって推進することができ得る変化である。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.