Public Release: 

高い評判のネットワークに参入できるか否かによって左右される芸術における成功

American Association for the Advancement of Science

芸術家としての成功は、高い評判の美術館や博物館に初期の頃にアクセスできるかに大きく依存している可能性のあることが新たな研究によって発見され、なおざりにされている作品や芸術家、特に、一流の施設に容易にアクセスすることができない芸術家を含めることを更に推進することの必要性に焦点が当てられた。これらの発見に基づく推奨事項の1つは、くじ引き制度または目隠し抽出手続きなど、「均等な機会を与える」ための政策を策定することであり、このような政策によって低く評価されている芸術家に対して高い評判の場所へのアクセスが提供されると今回の研究の研究者らは述べている。芸術の質を客観的に定量化することはほとんど不可能である。むしろ、展示場所および作品と美術史の関係など、作品自体に関係していない要因が、芸術家の認知度および評判を高める際に重要な役割を果たしている。芸術における交流関係は複雑であまり明かされないが、この交流関係をより良く理解するために、Samuel FraibergerらはMagnusアプリから得られたデータを使用して、約50万人の芸術家(パフォーマンスアーティストを除く)の展示履歴を再構築し、巨大なネットワークを構築して、施設間における芸術品の動きを捕捉した。欧州および北米の施設であって、長い活動期間、展示される芸術家、展示スペースの規模および質ならびにアートフェアへの参加によって決定される高い評判を有する所の緊密なコミュニティがこのネットワークの核であることが明らかになった。施設がこの核から離れるほど、その評判が低くなる。このネットワーク内の施設の各集団は、自身の結びつきの強いコミュニティ内でほぼ例外なく芸術作品をやりとりしている(高い評判の施設が自身の作品を他の高い評判の場所に回している)。「初期の評判が高い」芸術家(このネットワークによって定義される上位20%の施設において最初の5作品が展示された芸術家)が高い評判の場所に生涯にわたってアクセスしており、脱落率が低いこともFraiberger らは発見している。対照的に、芸術家がこのネットワークの端からスタートした場合、脱落率が高くなり、一握りの者達だけが高い評判の領域で自身のキャリアを終了している。また、初期の評判が高い芸術家は初期の評判が低い芸術家の2倍の数の展示物を展示しており、初期の評判が高い芸術家の作品はオークションにおいて初期の評判が低い芸術家の作品の4.7倍の頻度で最大5.2倍高い価格で取引されている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.