Public Release: 

大群衆における集団行動の出現

American Association for the Advancement of Science

研究者らは、スタートラインまで列をなす数千人のシカゴマラソン走者たちの集団行動を観察することによって、大群衆の行動は流体的であり、数学的に予測可能であることを発見した。今回の新研究によると、群衆の動態に対して流体的なモデルを適用することによって、流体力学理論に基づく原理を専ら使用して、大群衆の集団行動を説明することができる。群衆に関する流体力学的モデリングの予測力によって群衆の管理における定量的アドバイスを得ることができる可能性が今回の発見から示唆されており、このような定量的アドバイスは、事故または暴力によって引き起こされたパニック状態のように群衆の動態が危険になり得る状況において特に重要である。主に集団内における個体間の複雑な相互作用に基づいて動物たちの集団行動が理解されており、各集団には一連の「規則」および動機付けがあり、これらによって行動が律せられている。しかしながら、人間に関しては、このエージェントベースのアプローチでは群衆の行動を説明する能力が制限される。行動に関する仮定を設けることなく、人々の大規模な行動に関する流体力学理論を確立するために、BainおよびBartoloは、異なるアプローチを示して、個々のエージェントたちを無視し、代わりに群衆自体を独立した存在物として扱った。彼らは、シカゴマラソンのスタートコーラルに向かってゆっくりと動き、次に、小集団として停止してから、レースを開始する走者たちの行動を観察した。各行動について、今回の論文の著者らは群衆の密度および速度における波を発見しており、これらの波は先頭から順に伝搬していた。さらに、これらの波は一定速度で群衆の中を伝播していた。パリマラソンおよびアトランタマラソンを含め、研究者らが評価したレースにおいて動態を予測可能なようにモデル化することができた。「BainおよびBartoloの採ったアプローチが成功したことによって、集団行動研究者たちのために多くの道または将来の研究がより広く開かれた」とNicholas Ouelletteは関係するPerspectiveに書いている。集団行動に関する経験に基づいた理論のための基礎が今回の研究によって築かれたとOuelletteは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.