Public Release: 

環境変数が子のB細胞発生とアレルギーに影響を与える可能性がある

American Association for the Advancement of Science

IMAGE

IMAGE: The study authors collected data from 51 children with weekly phone surveys, regular chart reviews and household visits and yearly blood sample collection. This material relates to a paper that... view more 

Credit: S.C.A. Nielsen et al., Science Translational Medicine

乳児期から出生後3年間追跡した新生児51名を含む出生コホートの解析で、抗体の変異と、湿疹などのアレルギー疾患のリスク上昇が関連付けられた。この結果は、環境変数が小児のB細胞発生にどのように影響するのかに関する詳細な見解を提供し、アレルギー研究分野の長年にわたる疑問に対処している。ヒトのB細胞集団(体の保護的な抗体の産生者)は、B細胞受容体(BCR)のさまざまなレパトアを含み、免疫系を作動させる分子(すなわち抗原)に繰り返し曝露されている間に、体細胞超変異(SHM)として知られる成熟過程を経る。研究者は、病原体の曝露と環境因子が若年小児のBCRおよび抗体バリアント(すなわちアイソタイプ)の発生の仕方を決定しており、アレルギー状態発現のリスクに影響を与えるのではないかと考えている。しかし、環境曝露、抗原成熟、およびアレルギーの正確な関係は不明である。Sandra Nielsenらは、さまざまな家庭環境で育った若年小児の複数のタイプの抗体とBCRの組成を検討した。51名の小児を誕生から3歳まで追跡し、年1回または数回血液検体を採取した。遺伝子配列決定から、2つの抗体アイソタイプ(IgDおよびIgM)のSHM頻度が高い小児は呼吸器感染症の頻度が高く、湿疹やアレルギーのある小児はアレルギー反応の中心であるIgEアイソタイプのSHM頻度が高いことが明らかになった。興味深いことに、化学薬品であるトリクロサンおよびトリクロカルバンを含む洗浄剤を使っている家庭で育った小児は、IgE、IgD、IgG抗体のSHM頻度が高かった。Nielsenらは、自分たちの知見を確認しB細胞発生に対する他の影響を明らかにするために、大規模な患者群を用いた追加研究を行うべきだと述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.