Public Release: 

世界に先駆け、200MHzで50μW以下の高性能・低消費電力スピントロニクス不揮発マイコンを実証

Tohoku University

IMAGE

IMAGE: Performance comparison of the fabricated MCU and reported work. view more 

Credit: Tohoku University

国立大学法人東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター及び国際集積エレクトロニクス研究開発センター センター長の遠藤哲郎教授※、同大省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター及び電気通信研究所の羽生貴弘教授、夏井雅典准教授らの研究グループは、内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)(プログラム・マネージャー:佐橋政司) 大野社会実装分科会 スピントロニクス集積回路プロジェクト(研究開発責任者:遠藤哲郎教授)において、スピン移行トルク型MTJ (磁気トンネル接合素子)とSi-CMOS技術を組み合わせた集積回路技術を用いて、高性能(動作周波数200MHz)と超低消費電力(平均電力50μW以下)を両立する不揮発マイコン(マイクロコントローラーユニット)を世界で初めて実証しました。本研究で実証した高性能・超低消費電力マイコンは、センサノードで必要とされる演算性能を維持しながら、エナジーハーベスティング (バッテリーフリー)での駆動も期待されます。このエナジーハーベスティングで駆動する不揮発性マイコン技術は、ICT社会基盤のパラダイムシフトをもたらし、Society5.0を実現するための基盤技術として期待されます。

本成果は、2019年2月17日~21日の間、米国サンフランシスコで開催される集積回路技術に関する世界最高峰の国際会議である「米国電子情報学会(※1)主催の国際固体素子回路会議(ISSCC: International Solid-State Circuits Conference)」で発表します。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.