Public Release: 

ミステリアスな雄:無性生殖を行う雌線虫は、遺伝子のためではなく精子のために雄を作る

American Association for the Advancement of Science

そもそもなぜ雌優先的な独自の生殖を行っている線虫が雄を作るのかを突き止めている研究者が、無性生殖を行う雌が、姉妹と交配する確率が高まるような比率で、限定された数の息子を作り、より多くの雄を作るためにそれらの精子を利用することを報告した。この慎重なプロセスは、雄の遺伝子が雌の遺伝子プールに入らないことおよび全体的な集団を安定化することを保証している。偽受精(精子依存性単為生殖とも呼ばれる)は、卵を活性化するために雌が雄の精子(通常は他の種の)を利用する無性生殖戦略である。しかし、精子DNAは使用しない。その代わりに、胚は母親のDNAのみから発生し、雌そのものになる。そのため、雌が唯一の生殖的に成功する性である。このような種が息子を作ることは不必要でありおそらく無駄だとも思われるが、偽受精を行う線虫Mesorhabditis belariは、生殖のためだけに雄を作ることが知られている。Manon Grosmaireらは、土と腐敗した植物体からM. belariを分離し、独自の生殖戦略について調べた。Grosmaireらは、ほとんどの胚は精子DNAを使用せずに発生して娘線虫のみを作り出すが、受精の約9%で雄DNAが使用されることを発見した。このような場合に親のDNAが混合されると、おそらくY染色体を持つ精子がX染色体を持つ精子よりも能力が高くはるかに卵に侵入しやすいために、雄だけが作られる。この研究結果は、M. belariの雌は、雄(無性生殖を行う雌には遺伝物質が伝達されない)を作り、その精子を利用して卵を活性化することを意味している。さらに、Grosmaireらは、作られた雄が自分の同胞と交配しやすいことを明らかにした。ゲーム理論モデルによれば、これは、独自の生殖法を進化的に安定な戦略とすることができる。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.