News Release 

ミレニアム開発目標(MDGs)の飲料水課題は、なぜ達成されたのか

Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

2001年に策定されて2015年まで取り組まれていた、国連のミレニアム開発目標(MDGs)に続き、現在は持続可能な開発目標(SDGs)が進行中である。MDGsの課題の1つに、「安全な飲料水を持続的に利用できない人々の割合を半減する」があった。この人口の割合は、1990年の24%から2015年には9%へと低減し、他の多くの課題が未達成で終わるなか、飲料水課題は達成された。

この達成などから得られる教訓を、現在進行中のSDGsの達成に役立てるため、本研究では、百数十編に及ぶ膨大な文献を調査し、半世紀以上に及ぶ水問題解決に向けた国際的な目標の経緯を追跡した。その結果、MDGsが史上初めて達成された飲料水に関する世界目標であることが分かった。また、達成された理由として、「半減」という現実的な目標を掲げた点と、「改善された水源の利用」という適切な評価指標を用いた点、そして、中国とインドの貢献が大きかった点を明らかにした。また、この2か国を除くと半減目標は達成されなかったものの、ほとんどの国において、経済と飲料水へのアクセスが同時に向上しており、SDGsにおいても、経済発展に伴う水インフラの整備が、飲料水へのアクセスの向上を促すことが期待される。

###

この研究成果は2019年4月15日(英国時間)に「Nature Sustainability」(オンライン版)に掲載される。

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.