News Release 

大脳の領域同士の「つながり」をまねた人工神経組織をヒトiPS細胞から作製

Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

脳の理解のために、体の外でその成り立ちや機能を調べることを可能にするモデル実験系が必要とされています。今回、東京大学 生産技術研究所の池内 与志穂 准教授の研究グループは、ヒトiPS細胞から2つの大脳神経組織を作製し、それらを軸索が束状にあつまった組織でつなぐことに成功しました。今回作製した組織は、私たちの大脳内の領域がつながりあっている様子に似ています。つながっている部分は軸索と呼ばれる神経の突起でてきており、電気刺激を伝えることができることを確認しました。軸索組織の疾患を引き起こす原因遺伝子を抑制したところ、軸索組織を作る効率が低下したことから、疾患のモデルとしても有用であると考えられ、今後は脳の理解と疾患の克服に向けた研究に使用されることが期待されます。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.