News Release 

マウスでは即効性の化合物が熱帯性寄生虫の治療を促進する

American Association for the Advancement of Science

フィラリア病(発展途上国における障害と貧困の最大の寄与因子の1つ)のマウスモデルで、スクリーニングした300,000個の候補化合物のうち2個が、単回投与後に、寄生虫を支援する細菌を殺傷した。この化合物は標準的な抗菌薬よりもはるかに早く細菌を全滅させ、短期投与で患者の糸状虫を根絶できる可能性があることが示された。象皮症などの寄生虫性のフィラリア病は、発展途上国でなおざりにされている大きな健康負荷であり、変形や盲目などの消耗性合併症を引き起こす。糸状虫の標準治療は抗菌薬ドキシサイクリンの4~6週間投与であり、糸状虫の生殖を支えるウォルバキア(Wolbachia)と呼ばれる共生細菌種を標的としている。しかし、ドキシサイクリンは妊婦や子供には投与できず、投与期間が長いために、資源に制約のある国ではその使用が限定されている。Malina Bakowskiらは、新しい治療選択肢を求めて300,000個を超える低分子をスクリーニングし、ウォルバキアに活性を示す分子を発見した。8個の有望な候補化合物を選抜した後、その能力をさらに最適化し、CBR417およびCBR490と名付けた最も性能の高い化合物に絞った。これらの2つの化合物は、フィラリア病マウスモデルにおいて単回投与で毒性を生じることなく全ウォルバキア細菌の99%超を有効に殺傷し、2週間のドキシサイクリン投与よりも優れていた。また、リンパ管フィラリアのマウスモデルにCBR715と名付けた第三の候補化合物を2週間投与すると、42日間のドキシサイクリン投与よりもウォルバキアが有効に殺傷された。このことは、これらの化合物がさまざまな治療しにくいフィラリア感染と戦えることを示唆している。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.