News Release 

最古の牧畜民は複数の段階を経てサハラ以南のアフリカに広がった

American Association for the Advancement of Science

Mary PrendergastとDavid Reich率いる41の古代アフリカ人ゲノムの解析によって、牧畜と農耕がアフリカ東部に拡大したことにより、祖先が明確に異なる人集団の何回もの移動やそれら集団間の遺伝子流動など、様々な局面で人の集団が影響を受けたことが示された。本研究は、こういった新しい食糧生産方法がアフリカで拡大した際に、食糧生産を行っていた人の集団が採食民集団とどのように「交雑したか」を解明している。家畜の起源と世界的なその拡大は歴史的に人集団の根本的な遺伝子構成に影響を及ぼしてきた。しかし、ヒツジ、ヤギ、ウシといったアジア南西部を起源とする家畜が約8,000年前に北東部に最初に導入されたアフリカでは、移住食糧生産民と地元の狩猟採集民の相互関係の影響を特定することは、特に採食が続いたことから、困難であった。一部の説では、スーダンないしエチオピアからの移民が一連の小規模な移動を通して牧畜を導入し、はるか南の子孫にまで拡大したとしている。その他に、牧畜という新しい慣習がアフリカ地元で始まった、あるいは、2つの異なる牧畜民がアフリカ東部に広がったという説もある。これらのモデルの検証は今日まで、複数の要因によって阻止されてきたと著者らは述べている。Prendergast、Reichらは今回、アフリカにおいて牧畜と農耕の拡大が採食民社会に及ぼした遺伝学的影響をより詳しく調査するために、約4,000~100年前に生きていた41の古代東部アフリカ人の歯と骨のDNAの配列を決定した。これらとその他の古代および現代のアフリカ人のゲノムを解析することにより、Prendergast、Reichらは牧畜の拡大が関係する交雑には2つの段階があったと結論付けた。1つはアフリカ北東部における6,000~5,000年前の交雑、もう1つはこの交雑群とアフリカ東部の採食民の約4,000年前の交雑である。データによると、新しい環境に入った牧畜民は様々な方法で先住採食民と交流したと考えられ、結果として、「集団が互いの文化的慣習を一部導入したことで文化的反応は多様化し、考古学的境界も曖昧になった」という。このことは牧畜民と採食民の間、鉄器時代でも維持された境界で最小限の遺伝子流動はあったことをほぼ意味する。アフリカにおける牧畜拡大を示すこのモデルは、これまでの一部の説を支持する一方でそれ以外は却下していると著者らは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.