News Release 

同様に発火するニューロンは嗅覚マップで結びついている

American Association for the Advancement of Science

細胞が「匂い」にどのように反応して基礎となるニューロンに信号を送るのかに関する研究者の理解の重要なギャップが埋められ、活性化された細胞受容体は細胞を単純に発火させるのではなく、特異的なパターンで発火させることが報告された。また、同じ発火パターンを示す細胞は、最終的に脳の嗅球にある同一の神経クラスター(糸球体)と結びついた。著者らは、この戦略により、重複した特性を持つニューロンが匂いに関連した感覚手がかりに反応する能力にバリエーションを与えることができると述べている。過去の研究で、嗅覚受容体(OR)が、シグナル伝達活性および嗅覚受容体ニューロン(ORN)などのニューロンに対する影響を介してマウスの嗅覚系のつながりに関与していることが明らかになった。しかし、この活性が実際に脳の嗅覚系のつながりに情報を与えているかどうかは不明である。今回、このプロセスにおける神経活動の指令的役割の可能性を検討するために、Ai Nakashimaらが、一連のin vitro実験およびマウスを用いた研究(光遺伝学によって神経活動パターンを変化させた)で、嗅覚系の重要な分子の発現に対する影響を検討した。Nakashimaらは、嗅覚感覚ニューロンのさまざまなパターンの活性により、神経終末の分子の発現が変化し、嗅球の特定の神経クラスターを標的にさせるようになったことを報告した。Nakashimaらよれば、神経活動は、単に神経を発火させることで嗅覚系の重要なタンパク質の発現を誘導するのではなく、むしろ、神経活動の特異的な特徴がこのプロセスにおける遺伝子発現パターンに重要であると考えられる。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.