News Release 

ファイバーベースの人工筋肉は新たな工夫で力強い

American Association for the Advancement of Science

この論点に関する3論文が、人工筋肉の分野で新たなファイバーベースのデザインについて報告しており、これらの新しいツイスト状およびコイル状のデザインが熱、電気および化学過程によってどのようにコントロールできるのかを示している。開発された人工筋肉の材料は、その応用分野として、とりわけ小型医用デバイスやマイクロボット、そして環境の変化に対応する「スマート」な織物などが挙げられる。Mehmet Kanikらは、2つの面から成るポリマーファイバー を開発した。このファイバーは、拡張可能な反復的ファイバー線引技術により製造でき、熱によって活性化する人工筋肉を作成して、自らの650倍もの重量を持ち上げることができ、また1,000%を超える荷重に耐えることができる一方で、何千サイクルも使用しても弾性を失わない。Jiuke Muらは、電熱感受性のシースで駆動するタイプのファイバーについて報告している。このシースが、市販のナイロンや竹繊維などの安価な材料を固くコイル状に巻いたものを取り巻いているという構造になっている。このファイバーで作製された筋肉の収縮力は、ヒトの筋肉の40倍に達し、最もパワーの強い電気化学的な人工筋肉の9倍である。Jinkai Yuanらが作製したのは高エネルギーのマイクロエンジンで、形状記憶ナノ複合ファイバーから成っており、これらのファイバーがツイスト状になってエネルギーを蓄積し、必要に応じてわずかな温度の変化によってこのエネルギーが放出されるようになっている。関連するPerspectiveでSameh TawfickとYichao Tangは、これらの革新的技術によって、多様な分野における自動化の普及がいかにして実現に近づきつつあるかについて論じている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.