News Release 

ゲノム解析により家畜牛の古代起源が判明

American Association for the Advancement of Science

Marta Pereira Verdugoらによる新しいゲノムワイド解析により、家畜種のウシBos taurusの複雑な起源が明らかになり、現代の品種の研究からこれらの起源を解き明かすことが困難であった理由が示された。ウシが初めて家畜化されたのは約10,500年前のメソポタミア北部、絶滅したユーラシアのオーロックスBos primigeniusからであった。Verdugoらはそのオーロックスと中近東の遺跡から出土した古代Bos taurusの67の標本でゲノム比較を行い、最初に家畜化されたウシは様々なオーロックスを起源とし、多数の種の野生のオーロックスがいたことによって家畜牛が増加したという結論に達した。約4,000年前には、この地域一帯のBos taurusにインダス川流域のコブウシBos indicusから主に雄の遺伝物質が急速かつ広範囲に流入した。この遺伝子の変化は何世紀にもわたる干ばつ期に起こったもので、乾燥した気候を生き延びられるようにする方法として干ばつに適応したコブウシから家畜牛に遺伝物質が移入されたと考えられるとVerdugoらは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.