News Release 

小児期の栄養失調後の腸を回復させる食事をデザインする

American Association for the Advancement of Science

Jeanette Gehrigらが、急性小児期栄養失調により障害を受けた消化管に、適切な成長と機能に必要な成熟した腸内細菌叢を形成させるために役立つ食事をデザインした。栄養失調では、正常な腸内細菌叢の崩壊がよくみられ、最近の研究から、この「未成熟な」細菌叢を整えなければ、小児に補給食を与えても丈夫に育つことができない可能性があることが示唆されている。Gehrigらは、Arjun Ramanらが示した機械学習技術を用いて、バングラデシュの0~60ヵ月齢の小児の健康な腸に存在する主要なタイプの細菌を特定できた。Gehrigらはさらに、消化管に細菌がいないマウスとブタを用いた一連の実験で、どの組み合わせの食品が特定の細菌コミュニティと関連しているかを明らかにし、それにより未成熟な腸内細菌叢を、重度栄養失調後の小児の成長を助けることができる成熟した構成になるよう刺激できた。Gehrigらの所見は、ひよこ豆やバナナ、落花生粉などのタンパク質に富む植物性食品がこの細菌叢の変化をサポートすることを示唆している。栄養回復の一環としてこれらの食品を与えた小児は、成長、免疫機能、神経発達、および骨形成に関連するタンパク質バイオマーカーの濃度が増加した。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.