News Release 

気候変動に直面した際の戦略的・管理的な退去を支持する主張

American Association for the Advancement of Science

海面上昇や温暖化に直面した際、急激な気候変動に適応するための最適な選択肢は、場合によっては、ただ逃げることかもしれない。Policy ForumではA.R.Sidersらが、退去(海面上昇や異常気象といった、激化する気候関連の危険に対して脆弱な地域を放棄すること)は、地球温暖化の結果としておそらく避けられないが、戦略的目標をうまく達成すれば、退去の社会的・経済的・環境的な利益を最大にできると主張している。最近退去した事例もあり、今後の移住に対する緊急性も高まっているにもかかわらず、気候変動による退去は政治的に微妙な話題であり、指針となる政策もほとんどなく、退去は最後の手段であって可能ならば避けるべき選択肢にすぎないと見なされる場合が多い。しかしSidersらによると、現状のように退去を狭い概念としてとらえていては、公正に対処し、空閑地の生産的利用を実現し、持続可能な移住コミュニティを支えるための、重要な機会を逃すことになるという。著者らは退去を土壇場の努力や適応失敗としてではなく、管理的かつ戦略的に適応するための選択肢として再概念化することを提案している。退去の範囲と規模が大きくなっても効果的かつ公正であるためには、退去をより広範な開発目標(経済開発など)に組み込み、コミュニティ固有のニーズに基づいて、状況に応じた方法をうまく用いる必要がある。それでもやはり、この問題の複雑さを考えれば、提案された目標を達成するためには、「今後の退去には実験の精神が必要になる。新しいことに挑戦しようとする意志をもち、綿密な調査を行い、当事者全員のプロセスおよび結果を評価しなければならない」とSlidersらは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.