News Release 

明るさ知覚のメラノプシン細胞の役割を解明

Yokohama National University

IMAGE

IMAGE: Brightness perception can be explained by the summation of a non-linear luminance term and a linear melanopsin term, suggesting that melanopsin signal may express the absolute brightness level. view more 

Credit: Yokohama National University

横浜国立大学大学院環境情報研究院の岡嶋克典教授らの研究グループは、巧みな心理物理学的手法を用いて、明所視での明るさ知覚における網膜のメラノプシン細胞の機能を明らかにしました。明所視での明るさ知覚は、錐体視細胞の信号だけで決定されると考えられてきましたが、今回の研究で、メラノプシン細胞の出力が明るさに大きく寄与していることを明らかにし、その特性を定式化しました。今後、メラノプシン応答も含めた明るさ情報処理の全容解明ならびにより精緻な測光学の構築が期待されます。

###

本研究成果は、国際科学雑誌「Scientific Reports」5月20日に掲載されました。本研究はJSPS科研費 (15H05926, 18H04111)の助成を受けたものです。

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.