News Release 

サイバーリスクについての学際的研究計画

American Association for the Advancement of Science

Gregory Falcoらは今回のPolicy Forumで、サイバーリスクの科学は本質的に学際的で、これに関係する問題に単独で的確に取り組める学術分野はないと述べ、また、このリスクに対応するための多数の学問分野にまたがる新しいモデルも提供した。「そのような学際的共同研究を通してのみ、サイバーリスクの科学は体系的に前進できる」とFalcoらは書いている。サイバーリスクはコンピューターサイエンスという専門領域内の技術的問題だと一般的には捉えられているようだが、実は多数の分野・部門にわたるデジタル技術と情報システムといったますます複雑化する幅広い分野を全て包含している。しかし、1つの研究分野としてサイバーリスクは学術分野が異なるとその意味合いも異なり、それら学術分野がその専門分野の境界を越えて連係することはめったにない。今回らFalcoらは、サイバーリスク研究は行動科学・データサイエンス・経済学・法学・経営科学・政治学といった関係する学術分野を等しく巻き込んだ共通の共同研究計画を通して体系的に取り組むことができる ―― そうすべきである ―― と主張している。世界の産学官の様々な分野にわたる専門家や利害関係者から情報を得て、Falcoらはサイバーリスクの統一概念モデルを開発した。そのモデルはサイバーリスクを理解するために取り組む必要のある核心的課題をリストアップし、その取り組みに対して各分野がどのように最善の貢献を果たせるのかを明示している。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.