News Release 

ミセルブラシ使用のナノテクノロジー向け表面成長

American Association for the Advancement of Science

材料表面上にナノスケールの高分子ブラシを成長させることによって、界面化学における主要な課題が克服されると研究者ら報告している。例えば、触媒作用または化学分離の用途において高度な利用に供される可能性のある多種多様な材料を製造する新たな方法が創出される。これらの研究者らによるアプローチは用途に合わせた化学的特性を備えた機能表面を製作する簡単で汎用的な技法の探求における極めて重要な前進であるとAlejandro Presa Sotoが関連するPerspectiveで書いており、「今やパンドラの箱が開かれ、今回のアプローチの限界は科学コミュニティの想像力および技能による制約だけを受けている」。技術の進展に伴い、特定の表面特性および表面機能を備えた先端材料を製造する能力は、化学工業および生物医学を含む多種多様な分野において非常に重要になっている。機能化表面を製造するために最近開発されたある方法では、ブラシのようなパッチの表面に接合された重合鎖が使用されている。限定的ではあるが、この方法によって界面化学を分子レベルで用途に合わせることが可能になる。ナノスケールまたはマイクロスケールの構造を使用した同様なアプローチは、大いに拡張された機能および用途のためにかなり有望であるが、このような表面を正確に製造することは未だ困難な課題のままである。ナノスケールのミセルブラシを材料表面上で直接成長することによって、Jiandon Caiらはこの問題に対処している。Caiらは小さな結晶構造のミセルのシードをシリコンウェハ、グラフェンオキシドナノシートおよび金ナノ粒子などの種々の表面上に付着させた。ユニマーミセルを使用して、ミセルのシードで覆われた表面上で良く定義された円柱形のナノ構造の結晶化駆動成長を開始している。このアプローチによってミセルブラシの密度、長さおよび化学的性質に対する正確な制御が可能になり、当該ミセルブラシに他の機能分子および機能性ナノ粒子をさらに装着させて、多種多様な触媒作用、抗菌および化学分離での応用が可能になっている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.