News Release 

オンチップで光ビームを操作

スローライト現象を利用したライダーセンサーの開発

Yokohama National University

IMAGE

IMAGE: A small-sized silicon photonics chip that can be used for non-mechanical beam steering and scanning. view more 

Credit: Yokohama National University

横浜国立大学の馬場教授らの研究グループは、スローライトと呼ばれる現象を利用して、光ビームを自在に操作する半導体チップを開発しました。従来、使われていた回転ミラーなどを半導体に置き換えることで、小型、軽量、高速、低消費電力、高い自由度、低価格などが可能になります。車載用ライダーセンサーなど、幅広い応用が期待されます。

本研究成果は、国際科学雑誌「Optica」に1月14日にオンライン掲載されました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.