News Release 

脊椎動物の休眠は加齢と逃れられない時間の経過から生命を守る

American Association for the Advancement of Science

脊椎動物にとって、加齢は単なる時間の不可避な結果ではないかもしれない。新しい研究で、African turquoise Killifish(メダカ類の魚)には別の遺伝学的・生理学的な抗加齢機構も存在し、それによって休眠(「人工冬眠」という可逆的な状態)中の時間経過の不良な結果から守られることが示された。この結果は、ヒトの加齢および加齢に関連した疾患の理解に重要な可能性がある。極端な環境を生き延びるため、動物界の多くの種はいくつかのタイプがあるユニークな仮死状態に入る能力を進化させてきた。最もよくあるタイプの1つである休眠は、厳しい環境では胚発生を休止し、良好な条件になるまで持ちこたえてから生物が発生を再開できるようにしている。明らかに、休眠中に経過する時間は、生物が「目を覚まして」成長を続けるまでは寿命に影響せず、生物の全般的な加齢にも影響しない。しかし、休眠が生物を加齢から守る生理学的機構は依然として不明である。Chi-Kuo Huらは、脊椎動物の加齢を研究するための新しいモデルであるAfrican turquoise Killifishの休眠と、休眠が以後の生涯に及ぼす影響について調べた。Killifishは、1年のうち長期間乾いて土になる一時的な池で生活する。乾燥を生き延びるため、Killifishの胚は雨が浅瀬の家を満たすまで休眠に入り、時として生涯を境界状態で過ごすこともある。Huらは、休眠により、魚の胚が、総寿命や成熟状態での適応に影響を与えることなく歳月による害から守られていることを明らかにした。また、休眠が、ポリコーム発現調節(特にCBX7)の顕著な変化を伴う非常に活動的な状態であることも明らかにした。さらなる検討により、代謝に関連する遺伝子を抑制しつつ筋肉の保護と維持に関与する遺伝子を促進するCBX7の役割が明らかになった。PerspectiveでMarc Van Gilstがこの研究についてさらに述べる。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.