News Release 

深層強化学習による運動学習過程におけるシナジー発現プロセスの存在を実証 ー運動学習メカニズムの解明に貢献ー

Tohoku University

東北大学大学院工学研究科の林部充宏教授とJiazheng Chai大学院生らの研究グループは、深層強化学習※1による運動学習過程において運動シナジー※2の発現プロセスが起きていることを初めて定量的に示しました。深層強化学習アルゴリズムを用いた報酬※3では運動パフォーマンスとエネルギーを考慮しただけで、シナジーについては何も指定していないにもかかわらず、運動習熟レベルが進むほど運動シナジー強度も増大しました。また運動シナジー発現が特にエネルギーあたりの運動パフォーマンスと高い相関があることを示しました。運動学習過程で潜在的に起きている現象との関連性が期待されるため、人間や生物の運動学習メカニズムの理解にもつながると期待されます。

###

本研究成果は、ロボット分野で最もメジャーな国際会議IEEE ICRA2020のJournal Optionとして採択され、科学雑誌「IEEE Robotics and Automation Letters」に2020年1月22日付けで掲載されました。

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.