News Release 

残光による生体深部温度の新規計測技術を確立 ~高度先進医療および脳機能の解明に貢献~

Tohoku University

IMAGE

IMAGE: OSL from the ZrO2 sample observed by the irradiation of NIR-laser light without the bone sample view more 

Credit: Tohoku University

東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻の大橋昌立氏(当時、大学院修士課程)と寺門信明助教、高橋儀宏准教授、藤原 巧教授らは、独立行政法人国立病院機構仙台医療センターの尾上紀子医師(循環器内科医長)と篠崎 毅医師(副院長)との共同研究により、低侵襲・位置選択的な生体深部温度センシングを可能とする、残光体(蓄光体)を用いた新しい光学計測技術の提案およびその基本原理の実証に成功しました。心肺停止時の脳保護に有効な体温調整法などの高度先進医療において、体温の計測や管理は極めて重要である一方、温度モニターはカテーテル挿入により行われることから、身体的負担が大きく、測定箇所が限定されるのが実情でした。本研究では、脳内など生体深部の温度を任意の位置かつ低侵襲で観測できる手法として、残光および輝尽発光現象による生体温度センシングを提案しました(図1)。本研究を発展させることで生体深部における時間的・空間的温度計測が可能となり、これは高度先進医療のみならず、思考・感情といった脳内における複雑な生体反応の観察や解明にも資するものと期待されます。

本研究成果は、英国オンライン科学誌「Scientific Reports」に令和2年2月10日に掲載されました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.