News Release 

パンデミックでどの介入が一番よく機能するかを明らかにする方法

American Association for the Advancement of Science

ワクチンや信頼できる予防薬の代わりにCOVID-19の拡大予防に役立つ現在利用できる唯一の方法は、行動(例えば手洗いやマスクの着用、ソーシャル・ディスタンシング)である。Policy Forumで、Johannes HaushoferとJessica Metcalfは、最低限の経済的・心理的犠牲でウイルスの伝播を最も有効に低減できる、「医薬品以外の介入法(NPI)」を明らかにすることが重要だと主張している。手洗いの呼びかけは比較的安価であるが、学校とビジネスの閉鎖は非常に費用がかかる。しかし、多くのNPIはしばしば厳密な評価を行わずに適用されており、NPIを実施し管理する方法はさまざまであるため、費用と比較した影響の評価は行いにくい。HaushoferとMetcalfは、パンデミックの状況下で最もよく機能する介入法を評価し明らかにするために、無作為化対照試験(RCT)、コンパートメントモデル、及び波及効果をそれぞれどのように利用できるかについて議論している。パンデミック下でRCTを実用的かつ倫理的に実施して、特定の介入戦略の影響を系統的に評価するために利用する方法を示し、疾患伝播にNPIがどのように影響するかを疫学的コンパートメントモデルを用いて推定する方法を示している。さらにHaushoferとMetcalfは「波及」効果(すなわちターゲットとしていないグループへの介入戦略の広がり)を利用してNPIの全体的な影響とその範囲を高めることができると提案している。「政策立案者と科学者が感染疾患の疫学から得られた見識と慎重かつ倫理的にデザインされた影響評価を組み合わせれば、他の…影響を検討する方法と併せて、SARS-CoV-2パンデミックにおけるヒトの健康・社会的・経済的費用を低減するための強力なツールが得られるだろう」と著者らは述べている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.