News Release 

植物の花粉が少ない時、マルハナバチは葉をかじって開花を早める

American Association for the Advancement of Science

新しい研究でこれまで知られていなかったマルハナバチの行動が報告された。それによると、マルハナバチは花粉が不足すると、花の咲いていない植物の葉をかじって意図的に傷付けるという方法で開花を促すという。マルハナバチにかじられて葉が傷付くのは植物の開花に大きな効果があり、2週間から1ヵ月も開花が早まる花もある。ハチが故意に与える傷が開花を加速するメカニズムは解明されていないが、この研究結果によって、マルハナバチが花という資源の地域利用可能性に影響する強力な作用因子であることは分かった。「今回の新発見で頼もしいのは、授粉システムはこれまで推測されていた以上に訪花昆虫の行動適応から気候変動に対応する柔軟性と回復力が得られると解釈できることだ」と関係するPerspectiveでLars Chittkaが書いている。植物と授粉媒介者は依存し合って生きている。マルハナバチのような授粉媒介者が不可欠な栄養を花に依存しているように、植物もその繁殖に授粉媒介者を必要としている。この共生関係は、春に気温が上昇して日が長くなるにつれて、越冬昆虫が目覚めると同時に春の花が開花することでバランスが保たれる。しかしこの順序立ては狂いやすく、気候変動に脅かされる。たとえば、春早い時期に気温が上昇すると授粉媒介者が早く目覚め過ぎてしまい、春の花はまだ開花しておらず、授粉媒介者の食料はない。Foteini Paschalidouらは、絶食状態のマルハナバチが植物の開花時期を操作するために使う適応戦略を発見した。花粉が不足しているコロニーの働きバチは口器を使って顕花植物の葉に独特な形の穴を開け、その結果、開花が大幅に早まることを確認したのである。Paschalidouらは自分たちで傷を真似ても開花効果を再現することはできなかった。これはハチの方法には未知なる独自の特徴があることを示唆している。「Paschalidouらが報告したように1ヵ月も開花を早めることができる分子経路を知りたいと園芸家は思うだろう」とChittkaは書いている。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.