News Release 

義歯の安定性向上や歯周病改善が期待できる革新的技術の開発 - 生体材料単独によって骨を盛り上げる骨造成技術-

Tohoku University

IMAGE

IMAGE: OCP/Collagen sponge view more 

Credit: Shinji Kamakura and Hitoshi Inada, Tohoku University

東北大学大学院医工学研究科の骨再生医工学分野鎌倉慎治(かまくら しんじ)教授らのグループは、歯科治療等で行われる骨造成のための生体材料の作製方法を改良することによって、生体材料のみで骨造成を可能にする新規技術を開発しました。本研究は、生体材料単独で骨造成が可能なことを示し、その簡便な方法による義歯の安定性向上や歯周病治療の改善が期待されます。

本研究成果は、2020年4月2日に国際科学誌Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials(電子版)に掲載されました。

###

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.